コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元へ モトヘ

デジタル大辞泉の解説

もと‐へ【元へ】

[感]《旧軍隊用語》
体操などで、もとの姿勢にもどることを命令する語。もとい。
言いまちがえて訂正するときに発する語。もとい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もとへ【元へ】

( 感 )
〔旧軍隊用語から。「もとい」とも〕
体操などで、いったん取った姿勢などをもとの状態にもどす時にかける号令。直れ。
前言を取り消して言い直しをする時の語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

元への関連キーワードオット・ロバート フリッシュニジェール・デルタ解放運動エレーナ イシンバエワ3ウェイハンドシェイク均衡理論(経済学)足元にも及ばない追い返す・追返すナトリウムランプ埼玉りそな銀行ハロウィーン入鉄砲に出女スマーフ攻撃手繰り寄せる引っ込める大東めぐみ襟元に付く手繰り込む新版歌祭文馳せ参ずる浅野吉長妻

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元への関連情報