コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元性 がんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

元性 がんしょう

1151-1184 平安時代後期の僧。
仁平(にんびょう)元年生まれ。崇徳(すとく)天皇の第2皇子。重仁(しげひと)親王の弟。仁和寺(にんなじ)華蔵院にはいり,覚恵(かくえ)を名のる。のち高野山で修行中に西行(さいぎょう)とであい,親交をもった。法印となり,宮法印とよばれた。元暦(げんりゃく)元年10月死去。34歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

元性の関連キーワードスケーログラム・アナリシスナルチスとゴルトムントハイドロサルファイト過マンガン酸容量法銅価(セルロース)ベネディクト試薬ゲンチオビオースフェーリング液嫌気性堆積物トレハロースタールパスタピロガロールショ(蔗)糖ヒドロキノンスタキオース安定性逆転則デュアリズムレダクトンレサズリンアルデヒド

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元性の関連情報