コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平敦盛 たいらのあつもり

8件 の用語解説(平敦盛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平敦盛
たいらのあつもり

[生]嘉応1(1169)
[没]寿永3=元暦1(1184).2.7. 摂津,一ノ谷
平安時代末期の武将。経盛の子,清盛の甥。従五位下に叙せられたが,無官であったので,無官大夫と呼ばれた。寿永3=元暦1 (1184) 年2月一ノ谷の戦い源義経の奇襲に敗れた平氏軍とともに海路西へ逃れるとき,義経軍の武将,熊谷直実に討たれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいら‐の‐あつもり〔たひら‐〕【平敦盛】

[1169~1184]平安末期の武将。一ノ谷の戦い熊谷直実(くまがいなおざね)に討たれた。従五位下だったが官職がなかったため、無官の大夫とも。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平敦盛【たいらのあつもり】

平安末期の武将。経盛(つねもり)の子。一ノ谷の戦熊谷直実(くまがいなおざね)に討たれたという。能・幸若(こうわか)舞の《敦盛》で有名。
→関連項目アツモリソウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平敦盛 たいらの-あつもり

1169-1184 平安時代後期の武将。
嘉応(かおう)元年生まれ。平経盛の子。寿永3年2月7日一ノ谷の戦いで,源氏方の熊谷直実(くまがい-なおざね)に討たれた。16歳。笛の名手とつたえられ,謡曲「敦盛」や浄瑠璃(じょうるり)「一谷嫩(ふたば)軍記」などで名だかい。通称は無官大夫(たいふ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平敦盛

没年:元暦1.2.7(1184.3.20)
生年:嘉応1(1169)
平安末期の武士。平経盛の末子。無官大夫と呼ばれる。横笛の名手。元暦1(1184)年の一の谷の戦で熊谷直実に討たれる。16歳。『平家物語』は,直実が敦盛を討つ場面を哀切に描いて有名で,謡曲「敦盛」,幸若「敦盛」などの題材となる。

(田中文英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいらのあつもり【平敦盛】

1169‐84(嘉応1‐元暦1)
平安末期の武士。桓武平氏。経盛(清盛の異母弟)の子。〈無官の大夫〉(大夫は五位の通称)と呼ばれた。閲歴は不明であるが,《平家物語》や幸若舞曲や能の《敦盛》などに語られる,16年の短い生涯を閉じた最期のありさまによって,後世にその名を残す。一ノ谷の合戦は源氏の勝利に終わり,平家一門は海上へと敗走した。敦盛は舟に乗り遅れ,ただ一騎で馬を泳がせ舟を追った。そのとき,源義経配下の熊谷直実(くまがいなおざね)に呼び止められ,浜辺へ引き返して直実と戦った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいらのあつもり【平敦盛】

1169~1184) 平安末期の武将。経盛の子。一谷の戦いで熊谷直実に討たれた。笛の名手。能・幸若舞「敦盛」の素材となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平敦盛
たいらのあつもり
(?―1184)

平安末期の武将。経盛(つねもり)の末子。従(じゅ)五位下に叙せられたが官職についていなかったので無官大夫(むかんのたゆう)とよばれた。1184年(元暦1)2月、源義経(よしつね)軍との一ノ谷の戦いに敗れた平氏は、海上へ逃れた。このとき逃げ遅れた敦盛は、源氏方の武蔵(むさし)国住人熊谷直実(くまがいなおざね)に捕り押さえられ、討たれた。2月7日、16歳または17歳と伝えられる。笛の名手で、祖父忠盛(ただもり)が鳥羽(とば)院より賜った名笛小枝(さえだ)を携えていたという。敦盛を討った直実が、人生の無常を感じ出家する話は『平家物語』などに収められ、幸若(こうわか)舞曲『敦盛』、謡曲『敦盛』、また浄瑠璃(じょうるり)『一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)』などとしてよく知られている。[田辺久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平敦盛の言及

【一谷嫩軍記】より

…宗輔が三段目までを書き,没後に浅田らが完成したと伝えられる。《平家物語》の世界から,一ノ谷の戦における岡部六弥太と平忠度,熊谷次郎直実と平敦盛の戦いの部分を抽出し,脚色したもの。源義経の指令によって,六弥太は忠度に〈さざ波や〉の歌が《千載集》に入集したことを伝えるので,忠度はその恩によって,六弥太に討たれる。…

【熊谷直実】より

…一所懸命の地を守り,侍の身分であることを誇りとした東国武士の典型である。なお《平家物語》では,直実が出家したのは,一ノ谷合戦で平敦盛を討ち取ったことによるとしているが,これは史実ではない。【細川 涼一】
[伝承と作品化]
 熊谷直実は実在した武将であるが,伝承の世界でも話題に事欠かぬ人物である。…

※「平敦盛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平敦盛の関連キーワード桓武平氏平氏平盛国坂東八平氏兵範記平家妹尾兼康平経盛平盛兼藤原景家

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平敦盛の関連情報