コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元理 げんり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

元理 げんり

?-? 戦国時代の僧,連歌師。
山城(京都府)の人。出家して大徳寺特芳禅傑に入門。天文(てんぶん)6年(1537)の「伊予千句」をはじめ,「宮島千句」「梅千句」などに参加。俳人としても活躍した。永禄(えいろく)9年(1566)ごろ90歳くらいで死去。俗姓は武田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

元理の関連キーワード飛鳥会を巡る業務上横領・詐欺事件佐賀商工共済訴訟での県の賠償額岡山市立オリエント美術館日本漢字能力検定協会補助金不正受給事件一般相対性理論キラウエア火山稲村 佐近四郎日本年号一覧ゲイサー報告日本棋院改革クラカタウ島イトマン事件ピナツボ火山マヨン火山タール火山戦国時代政池 仁四元理菜経籍籑詁

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android