コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

充軍 じゅうぐんcheng jun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

充軍
じゅうぐん
cheng jun

中国において,,清時代に行われた刑罰一種。明初においては軍隊に編入して屯田耕作にあたらしめるという実質をもっていた。死刑に次ぐ重刑で,終身刑である。清代においては名実相伴わず,ほとんど通常の流刑と異ならないものとなっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の充軍の言及

【刑罰】より

…死刑は絞,斬のほか,謀反,大逆の重罪は凌遅と定められた。充軍は死刑に次ぐ重刑とされ,宋代の配軍に由来する。終身の軍籍編入であり,また子孫に至るまでの編入(永遠充軍)があった。…

【流刑】より

…妻,妾は必ず随従し,直系の尊属卑属は従う義務はないが願い出れば許され,受刑者が死亡すれば家族は願い出て帰ることができる。清代も原則は同じで上記3等の差があるが,必ず杖一百を加えられ,さらに流の軽いものに〈遷徒(せんし)〉,重いものに〈充軍〉〈発遣〉がある。充軍に5等の差があり,最も重いものは雲南,貴州,広東,広西に流するのが常例で,軍関係の労役につかせる。…

※「充軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

充軍の関連キーワードジュネーブ協定

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android