コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先王 センオウ

大辞林 第三版の解説

せんおう【先王】

〔「せんのう」とも〕
先代の王。
むかしの聖王。

せんのう【先王】

「せんおう(先王)」の連声。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の先王の言及

【王道】より

…中国,儒家の政治思想。儒家は天下の人民が帰服するような有徳の王者を遠い古代に想定し,それを先王といい,その政道を王道と称した。徳を政治の原理とする思想は《書経》や《論語》などに見られるが,王道を覇道と対比させて明確にしたのは孟子で,〈徳を以て仁を行う者は王たらん〉すなわち仁義の徳が善政となって流露するのが王道であると説く。…

※「先王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

先王の関連キーワードフィーローズ・シャーハットゥシリシュ1世マンスール・シャーマヌエル[1世]ムルシリシュ1世ジョージ[2世]ヒエラコンポリスフレデリック7世ボードーパヤーオイディプス王フィルズシャーリチャード3世マアディ遺跡アマルナ時代アナウペルンバダーリ文化バインナウンオイディプスマアディ文化ハルジー朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先王の関連情報