日本文徳天皇実録(読み)にほんもんとくてんのうじつろく

日本大百科全書(ニッポニカ)「日本文徳天皇実録」の解説

日本文徳天皇実録
にほんもんとくてんのうじつろく

文徳実録』ともいう。勅撰(ちょくせん)の歴史書。10巻。六国史(りっこくし)の一つ。850年(嘉祥3)より858年(天安2)まで文徳天皇(在位850~858)一代の歴史の編年体の実録。藤原基経(もとつね)らが、871年(貞観13)に、清和(せいわ)天皇(在位858~876)のにより集を開始したが、一時中止された。しかし、878年(元慶2)陽成(ようぜい)天皇(在位876~884)の勅により再開、翌年完成した。本書は、以前の史書に比べて、薨卒(こうそつ)伝が豊富になった。このことは、律令(りつりょう)体制の解体期に、古代国家再編に努めた人たちの伝記によって、当代と将来の範としたものと考えられる。『国史大系所収

[林 幹彌]

『坂本太郎著『六国史』(1970・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「日本文徳天皇実録」の解説

日本文徳天皇実録
にほんもんとくてんのうじつろく

文徳天皇一代の編年史六国史の一つ。 10巻。嘉祥3 (850) ~天安2 (858) 年までを扱う。貞観 13 (871) 年藤原基経らに命じて編纂させ,のち基経,菅原是善都良香,島田良臣らによって続行され,元慶3 (879) 年完成。特徴は,政治法制に関するものが極端に省かれ,人物の伝記が豊富である。したがって五位の位階の伝記まで載せられ,死去を書かれた人物で伝記を載せていないはわずか1件。『国史大系』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「日本文徳天皇実録」の解説

にほんもんとくてんのうじつろく ニホンモントクテンワウジツロク【日本文徳天皇実録】

官撰の史書で、六国史の第五。一〇巻。藤原基経・菅原是善・都良香らの撰。清和天皇の勅により貞観一三年(八七一)編修開始、中絶の後、陽成天皇の勅により再開、元慶三年(八七九)成立。嘉祥三年(八五〇)の践祚から天安二年(八五八)の崩御に至る間の文徳天皇の治世を漢文・編年体で記述。文徳実録。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「日本文徳天皇実録」の解説

日本文徳天皇実録【にほんもんとくてんのうじつろく】

六国史(りっこくし)の第5。《文徳実録》とも。10巻。勅撰の歴史書。藤原基経(もとつね)らの撰。879年完成。文徳天皇1代(在位850年―858年)の歴史を編年体で記したもの。
→関連項目菅原是善蔵鉤日本三代実録都良香類聚国史

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「日本文徳天皇実録」の解説

日本文徳天皇実録
にほんもんとくてんのうじつろく

平安前期の歴史書。六国史の第5番目
『文徳実録』。879年完成。10巻。清和天皇の勅命により藤原基経らが編纂した。『続日本後紀』につぎ,文徳天皇1代850年より858年までの編年体の史書。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「日本文徳天皇実録」の解説

にほんもんとくてんのうじつろく【日本文徳天皇実録】

日本古代の官撰の史書。略して《文徳実録》ともいう。六国史の第5。10巻。文徳天皇代,850年(嘉祥3)から858年(天安2)まで9年間のことを記す。清和天皇の命をうけて藤原基経らが編纂にあたり,陽成天皇の879年(元慶3)完成。実録は中国で皇帝1代ごとに,起居注をもとにその治世を記し,歴史編纂の材料としたもの。日本ではここで初めて実録の称を用いたが,以前の国史と体例の上でとくに大きな変化はない。《新訂増補国史大系》所収。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「日本文徳天皇実録」の解説

にほんもんとくてんのうじつろく〔ニホンモントクテンワウジツロク〕【日本文徳天皇実録】

文徳実録」の正式名称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android