コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光の波動説 ひかりのはどうせつwave theory of light

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光の波動説
ひかりのはどうせつ
wave theory of light

17世紀には,微粒子の流れであるとする I.ニュートン粒子説と,光は波動であるとする C.ホイヘンス波動説とが対立していたが,19世紀になって光の干渉,回折,かたよりなどの横波としての現象が次々と発見され,さらに J.マクスウェルの電磁理論によって光の電磁波説が生れ,光の波動としての性質が明らかにされた。しかし 20世紀の初めに A.アインシュタイン光量子仮説による光電効果の説明など,光が粒子的性格をもつ現象も発見され,光が粒子と波動の両面をもつことが量子論の誕生によって明らかにされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

光の波動説の関連キーワードフーコー(Jean Bernard Léon Foucault)ヤング(Thomas Young)光および光技術の国際年ホイヘンスの原理天文学史(年表)エーテル(物理)ヤングの干渉実験グリマルディ光の粒子説物理光学フィゾーマリュスアラゴーエーテルフーコーフレネルヤングフックアラゴプチ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android