コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光伝送システム ひかりでんそうシステムoptical transmission system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光伝送システム
ひかりでんそうシステム
optical transmission system

テレビやラジオで使う電磁波の代りに,光を信号の伝達手段に用いた伝送システム。通常,光ファイバが用いられ,空中を伝搬させる方法とは区別している。このシステムでは半導体レーザーまたは発光ダイオードの光源,光ファイバの伝送路,アバランシェ・フォトダイオードの受光器が主要な素子である。信号をレーザー光のオン/オフに対応させて送る光強度変調方式が主流であるが,最近,レーザー光の周波数や位相を信号に合わせて変調するコヒーレント光通信方式が研究されている。このコヒーレント方式では,電磁波でのヘテロダイン検波方式が使えるため受信感度が向上し,また周波数多重化ができるため長距離無中継化ならびに大容量化ができる。また,レーザー光をマイクロ波で変調し,その周波数を搬送波として信号を振幅変調,周波数変調して重畳するサブキャリア方式も研究されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

光伝送システムの関連キーワード日立コミュニケーションテクノロジーインジウムリン半導体

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android