光学式センサ(読み)こうがくしきセンサ(英語表記)optical sensor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

をなんらかの手段として利用したセンサ。画像センサ,リニアセンサ,レンジファインダー近接覚センサなどがある。また,物体接近や通過を検出するホトスイッチ,ホトインタラプタもある。光学式センサでは,画像センサのように自然光の状態で画像を取り込む受動的な方法と,スポット光やスリット光を照射して検出する能動的な方法がとられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android