コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学望遠鏡 コウガクボウエンキョウ

デジタル大辞泉の解説

こうがく‐ぼうえんきょう〔クワウガクバウヱンキヤウ〕【光学望遠鏡】

天体が発する可視光領域の電磁波を観測するための望遠鏡ガリレイニュートンが発明した屈折望遠鏡反射望遠鏡など、天体望遠鏡の中で最も長い歴史をもつ。対物レンズまたは反射鏡口径が大きいほど、分解能が高く、集光力も大きくなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

光学望遠鏡の関連キーワードスローンデジタルスカイサーベイ光学赤外線望遠鏡スペースデブリ宇宙の暗黒時代スペースガード21センチ波赤外線望遠鏡重力波望遠鏡銀河(天体)中性水素雲暗黒銀河団電波望遠鏡電波干渉計クエーサー電波天体暗黒物質赤道儀

光学望遠鏡の関連情報