光学望遠鏡(読み)コウガクボウエンキョウ

デジタル大辞泉「光学望遠鏡」の解説

こうがく‐ぼうえんきょう〔クワウガクバウヱンキヤウ〕【光学望遠鏡】

天体が発する可視光領域の電磁波を観測するための望遠鏡ガリレイニュートンが発明した屈折望遠鏡反射望遠鏡など、天体望遠鏡の中で最も長い歴史をもつ。対物レンズまたは反射鏡口径が大きいほど、分解能が高く、集光力も大きくなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android