光来/高来(読み)コウライ

大辞林 第三版の解説

こうらい【光来】

他人を敬ってその来訪をいう語。 「御-を仰ぐ」 「今度御-の節は久し振りにて晩餐でも供し度心得に御座候/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐らい クヮウ‥【光来・高カウ来】

〘名〙 他人を敬って、その訪をいう語。おいで。御入来臨。光駕(こうが)。〔文明本節用集(室町中)〕
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「イヤア、噂をすれば影とやらだ。鉄炮先生御光来(クヮウライ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android