来車(読み)らいしゃ

精選版 日本国語大辞典「来車」の解説

らい‐しゃ【来車】

〘名〙
① 車が来ること。また、車に乗って来ること。また、その車。
東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「偶々来車を避くる状を為して而して去る」
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「にて晩食を辨し、『ヴェネシヤ』よりの来車と相合して南す、時五時有半なり」
② 相手を敬って、その来訪をいう。多く手紙文や挨拶などで用いる。来駕(らいが)
朝野新聞‐明治七年(1874)一一月二五日「来る七日〈〉せり売申間御望の諸君御来車偏に奉希候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android