枉駕(読み)おうが

精選版 日本国語大辞典「枉駕」の解説

おう‐が ワウ‥【枉駕】

〘名〙 (「」は曲げる意) わざわざ乗り物の方向を変えて来ること。相手の来訪を尊んでいう語。御来駕枉顧枉車
※小右記‐寛弘二年(1005)二月一七日「都督枉、良久談話」 〔志‐諸葛亮伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「枉駕」の解説

おう‐が〔ワウ‐〕【××駕】

《乗り物の方向をわざわざ変えて訪ねて来る意から》相手の来訪を敬っていう語。枉車おうしゃ枉顧おうこ。「御枉駕の栄を得たく」
[類語]光臨光来来駕来車来臨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「枉駕」の解説

【枉駕】おう(わう)が

貴人が自ら訪れる。〔三国志、蜀、諸亮伝〕徐庶~先劉備)に謂ひて曰く、は臥なり。~將軍宜しく駕を枉(ま)げて之れをみるべしと。

字通「枉」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android