コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光謙 こうけん

2件 の用語解説(光謙の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

光謙

江戸前・中期の天台宗の高僧。筑前生。俗姓は岡村、霊空は字、光謙は諱、号を幻々庵。筑前松源院の豪光に従って剃髪、比叡山に登り天台宗を学ぶ。のち妙立慈山に学び、その戒律復興の志を継ぎ、安楽律院を整備して安楽律派を興した。また江戸寛永寺の浄名院を律院とし、日光興雲院を建立するなど、天台教観の再興に尽力した。元文4年(1739)寂、88才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうけん【光謙】

1652‐1739(承応1‐元文4)
江戸前期の天台律僧。字は霊空,筑前の出身,17歳で叡山に登り,ついで西塔の星光院に住したが,1678年(延宝6)妙立慈山の門弟となり,89年(元禄2)《闢邪篇》を著して天台の邪説である〈玄旨帰命〉を排撃した。93年輪王寺宮公弁法親王は叡山飯室谷の安楽院を律場とし,その住持とした。これが安楽院派のはじめで,幕府は寺領100石を与えた。また一紀十二年不出門遮那止観の顕密両業修学の祖式を興した。1723年(享保8)東叡山の浄名院をも律院とし,ついで日光山に興雲律院を始めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

光謙の関連キーワード狩野種信都鄙問答女形人形元文承応丹前節包守新助の方堀井軒吉成宝馬

光謙の関連情報