コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

克補契嶷 こくほ かいぎょく

1件 の用語解説(克補契嶷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

克補契嶷 こくほ-かいぎょく

?-? 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。三河(愛知県)泉竜院の字岡祖文(じこう-そもん)の法をつぐ。大永(たいえい)3年(1523)5月28日突然姿をけす。弟子たちはこの日を命日とし,三河全久院,霊岩寺,医王寺の勧請開山(かんじょうかいさん)とした。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

克補契嶷の関連キーワード曹洞一宇俊箇廓翁宗周箕外需糠輝山宗珠規川宗策芝岡宗田秀峰存岱大年宗永竹翁宗松

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone