コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

字岡祖文 じこう そもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

字岡祖文 じこう-そもん

?-? 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。三河(愛知県)泉竜院の聞庵道見(もんなん-どうけん)にまなび,印可をうける。能登(のと)(石川県)総持寺をへて,泉竜院の住持となる。永正(えいしょう)5年(1508)越前(えちぜん)(福井県)竜沢寺にうつり,のち泉竜院にかえった。道号は慈光とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

字岡祖文の関連キーワード戦国時代克補契嶷曹洞

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android