コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児島大圭 こじま たいけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児島大圭 こじま-たいけい

1691-1734 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)4年生まれ。京都の人。香田正宣(しょうせん),ついで松木淡々(たんたん)にまなぶ。享保(きょうほう)3年宗匠となり,のち大坂にうつる。享保19年6月3日死去。44歳。別号に大径,錦綾室。編著に「花月六百韻」「梅若葉」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

児島大圭の関連キーワードインノケンチウス12世オレンジ結社越後屋竹本義太夫江村青郊竹本播磨少掾ゼンガー事件延岡藩平敷屋朝敏シャルダン

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone