コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入撥 いればち

世界大百科事典 第2版の解説

いればち【入撥】

三味線音楽の演奏法。正式に演奏会場で演奏する場合,三味線奏者(三味線方)は,定められた型のとおりに弾くのが一般的であるが,ときとして本来は休符であるべき個所を弾いたり,同じ間(ま),同じ拍子の中に,即興的に撥を加えて,音を多くすることがある。このように撥を加える,つまり撥を余計に入れることをいう。【加納 マリ】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android