コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入相 イリアイ

デジタル大辞泉の解説

いり‐あい〔‐あひ〕【入相】

日が山の端に入るころ。日の暮れるころ。たそがれ時。夕暮れ。
「―の座敷に電灯の点(つ)いた時」〈鏡花・眉かくしの霊〉
入相の鐘」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いりあい【入相】

日の沈むころ。日暮れ時。夕暮れ。
「入相の鐘」の略。 「山寺の-の声々にそへても/源氏 澪標

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

入相の関連キーワード変動相場制度のインフレ隔離効果輸入冷凍エビの価格高騰責め掛ける・責掛ける嵐 吉三郎(5代目)トリニダード・トバゴアラブ首長国連邦アルメニア共和国製品輸入促進協会マケドニア共和国カタール(国)道成寺(能)竹本三郎兵衛トンガ(国)モーリシャス門田候兵衛マリ(国)万載狂歌集佐藤太圭子鐘(楽器)金幣猿嶋郡

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入相の関連情報