コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入(り)船 イリフネ

デジタル大辞泉の解説

いり‐ふね【入(り)船】

港にはいってくる船。⇔出船(でふね)

にゅう‐せん〔ニフ‐〕【入船】

[名](スル)船がにはいること。また、その船。いりふね。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうせん【入船】

( 名 ) スル
船が港にはいること。また、入港した船。いりふね。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

入(り)船の関連キーワード新たに名づけられた道沿岸の島名土橋亭 里う馬(9代目)キッコーマンソイフーズ滝川 鯉かん(3代目)鹿児島県垂水市牛根麓入船亭扇橋(9世)船遊亭扇橋(2代)山の下みなとタワー船遊亭扇橋(4代)船遊亭扇橋(3代)鶴屋南北(5代)亭号(ていごう)北海道小樽市堺町加賀見山旧錦絵インスパイアー家号(やごう)広島県呉市幸町ナラサキ産業ユニリビング呉市立美術館

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android