コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源師光 みなもとの もろみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源師光 みなもとの-もろみつ

?-? 平安後期-鎌倉時代の官吏,歌人。
源師頼(もろより)の子。母は藤原能実(よしざね)の娘。正五位下,右京権(ごんの)大夫。建仁(けんにん)3年(1203)「千五百番歌合」の判者となり,このころ七十余歳で没したとみられる。歌は「千載和歌集」以下の勅撰集にはいる。子女に源具親(ともちか),宮内卿。法名は生蓮。家集に「師光集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源師光

没年:元久1?(1204)
生年:天承1頃?(1131)
平安末・鎌倉初期の歌人。父は大納言源師頼,母は大納言藤原能実の娘。左大臣藤原頼長の猶子となった故か官途に恵まれず,侍従,右京権大夫を経て正五位下に至るが,50歳ごろ出家。法名,生蓮。藤原清輔・重家・実定,平経盛,源頼政などの歌人と交渉があり,諸家の歌合に出詠。自邸でも歌会,歌合などを主催している。歌林苑会衆である。晩年はその子具親,後鳥羽院宮内卿 と共に後鳥羽院歌壇に連なり,『正治初度百首』などに出詠した。『千五百番歌合』の判者を務めた。沈淪の述懐歌を得意とするが,「和歌之外無他芸」(『玉葉』)とも評された。『花月集』を選じたが散佚。家集『師光集』がある。

(田仲洋己)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

源師光の関連キーワード鎌倉時代根掘ず

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android