コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全労済 ゼンロウサイ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ろう‐さい〔‐ラウ‐〕【全労済】

消費生活協同組合法に基づいて設立された、共済事業を行う協同組合。生命・医療・年金・火災自動車などの共済商品を取り扱う。昭和32年(1957)、18都道府県の労働者共済生協が連合して発足。昭和51年(1976)全国の事業を統合。正式名称は全国労働者共済生活協同組合連合会。旧略称は労済連。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保険基礎用語集の解説

全労済

同組合法(昭和23年,法律第200号)に基づき、昭和51年、全国規模の有力労働組合により組織された職域生協と各都道府県ごとに組織された地域生協の複合体である全回組織の連合会として設立されました。共済事業の利用は組合員に限られます。取扱う共済の種類は、団体定期生命共済、こくみん共済、年金共済、火災共済自動車共済自賠責共済および交通災害共済など10数種類に及びます。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

全労済の関連キーワード消費生活協同組合法無認可共済倉島亜麿陽佐藤滉太個人年金中島凱斗若狭勝也鷲尾悦也栫良太

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全労済の関連情報