全国自死遺族総合支援センター(読み)ぜんこくじしいぞくそうごうしえんせんたー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

2008年(平成20)1月に発足した、家族を自殺で亡くした人たち(自死遺族)を支援する特定非営利活動法人(NPO法人)。「官と民」、「心理的支援と法的支援」、「自死遺族個々人と地域社会」などの分断をなくし、総合的な支援の拡充を目指している。

 主な活動内容には、「自死遺族のつどい」の設立や運営への支援およびそれぞれの「つどい」の横のつながりの推進、自死遺族支援のネットワーク構築への協力、遺族への情報提供・自死遺児への支援、自殺に対する誤解や偏見の払拭(ふっしょく)などがある。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android