全方位防衛戦略(読み)ぜんほういぼうえいせんりゃく(英語表記)défense tous azimuts; omnidirectional defence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全方位防衛戦略
ぜんほういぼうえいせんりゃく
défense tous azimuts; omnidirectional defence

フランスの核戦略。 1967年 C.アイユレ参謀総長が提唱し,ドゴール大統領が採用。フランス仮想敵国は第1次世界大戦後はイギリス,ドイツ,第2次世界大戦後はソ連と変化したが,世界情勢の流動化によってソ連1国に固定すべきでなく,全世界を対象とすべきであり,したがって全世界を射程内に収める ICBMとミサイル潜水艦を保有しなければならない。さらに同盟に加わることは,他国の戦争に巻込まれる危険が高いので,みずからの防衛体制をもって戦争抑止をはかるというもの。ソ連の脅威が減少し,アメリカのいわゆる「核の傘」への不信の増大という判断に助けられ,フランスの北大西洋条約機構 NATO脱退を裏づける防衛哲学となった。この背景には,フランスの核武装からフランスが予想した世界的な核拡散があり,自主防衛思想の一つのモデルとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android