コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮想敵国 かそうてきこくhypothetical enemy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮想敵国
かそうてきこく
hypothetical enemy

ある国が国防計画をつくるにあたってその前提としあるいは対象とする国をいう。これには国民の思想的動員の対象となっている国も含まれる。たとえば,日清戦争後の日本とロシア,普仏戦争後のドイツとフランスなどの関係が顕著な例である。第2次世界大戦後,冷戦のなかで東西対立が激化していた頃には,仮想敵国の問題は,2つの体制間の問題となっていた。また,外交政策の決定に際しても,一般的に,友好国,中立国,仮想 (または潜在) 敵国の区別を設けて,それぞれに対する行動規範をつくりだすことも行われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かそう‐てきこく〔カサウ‐〕【仮想敵国】

国防計画などを立てる場合に、仮に敵国と想定する国。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かそうてきこく【仮想敵国 potential(hypothetical) enemy】

一国が国防政策を決めたり,作戦計画を立てたりする場合に,仮に敵国として想定し,敵味方の戦力の分析や戦略・戦術の策定の対象とする国のことをいう。仮想敵国は,近い将来,それとの戦争が起こる蓋然性の高い特定の国を意味し,一国の軍備,兵器開発,他の友好国との軍事同盟関係などの安全保障体制は,すべてこうした仮想敵国との関係で相対的に決定される。核兵器あるいは通常兵器に関して見られる軍備競争は,相互に相手を仮想敵国とみなす国と国が,それぞれ軍事的バランスを自国に有利なものにしようと試みることから生ずる交互的な行為である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かそうてきこく【仮想敵国】

国防計画を立てる際に、仮に敵とみなす国。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仮想敵国
かそうてきこく

将来自国と軍事衝突が想定される国。通常、軍事ドクトリンや戦略・戦術、自国軍の編成・装備、教育・訓練のあり方について研究するうえで設定され、参考にされることが多い。仮想敵国は政治・外交上緊張状態にある国をさすこともあるが、両者はかならずしも一致するわけではない。1920年代から1930年代にかけて、アメリカがイギリスを対象にしたレッド計画を策定していたように、友好国も仮想敵国の対象になることもある。政治・外交に多大な影響を及ぼす可能性があることから、実際に仮想敵国が公にされることは稀(まれ)である。日本政府は2004年(平成16)12月に決定された新防衛大綱(16大綱)において初めて中国を「新たな脅威」と位置づけたが、公に中国を仮想敵国に設定しているわけではない。[村井友秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

仮想敵国の関連キーワードイスラエル・トルコ軍事協定ノルト・オストゼー運河エネミーレス時代日独伊防共協定全方位防衛戦略同盟(国際法)地域的安全保障帝国国防方針スパイ衛星不沈空母極東有事日本陸軍軍拡競争八八艦隊予防戦争潜在敵国海軍省CIA北進論陸軍

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮想敵国の関連情報