コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全球地球観測システム ゼンキュウチキュウカンソクシステム

デジタル大辞泉の解説

ぜんきゅうちきゅう‐かんそくシステム〔ゼンキウチキウクワンソク‐〕【全球地球観測システム】

地上・空中・宇宙から地球全体を包括的に観測する、国際的な取り組み。地球観測に関する政府間会合(GEO)に参加する国・地域・国際機関がそれぞれ個別に運営する観測システムを統合。大気・水域・陸地の状態を継続的に観測し、得られたデータは、自然災害・気候変動対策、水・エネルギー資源管理の向上、生態系生物多様性の保護・保全、農業支援などに利用される。GEOSS(Global Earth Observation System of Systems)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android