全長10m--消化と吸収のシステム

からだと病気のしくみ図鑑の解説

全長10m--消化と吸収のシステム

口で咀嚼された食べ物は、食道を通ってさまざまな消化器官へ送られていきます。
各消化器官は消化・吸収を繰り返し、からだに必要な栄養素を取り込んでいます。


●消化・吸収・排泄の しくみ
口から食道、胃、十二指腸小腸、大腸、肛門まで、全長およそ10mの1本の管が、食べ物の道筋となる消化管です。
食道から胃までを上部消化管といい、小腸から下の部分を下部消化管といいます。
口から入った食べ物は、上部消化管の食道から胃に運ばれて、胃液で1~3時間ほどかけて消化されます。
さらに、胃から十二指腸(小腸)に送られてきた食べ物は、下部消化管で必要な栄養素が吸収され、最後には直腸・肛門から排泄されます。

出典 法研「からだと病気のしくみ図鑑」からだと病気のしくみ図鑑について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android