コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八代国治 やしろ くにじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八代国治 やしろ-くにじ

1873-1924 明治-大正時代の日本史学者。
明治6年1月2日生まれ。東京帝大史料編纂掛(へんさんがかり)にはいり,鎌倉・南北朝時代の史料編纂主任をつとめ,大正9年史料編纂官となる。11年国学院大教授。大正13年4月1日死去。52歳。千葉県出身。国学院卒。旧姓は鈴木。著作に「長慶天皇御即位の研究」(学士院恩賜賞),「皇室御領史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

八代国治

没年:大正13.4.1(1924)
生年:明治6.1.2(1873)
明治大正期の歴史家。千葉県市原郡戸田村(千葉県市原市)に生まれる。本姓は鈴木氏。明治30(1897)年に国学院を卒業,東京帝国大学史料編纂掛に就職し,大正9(1920)年に編纂官に昇格した。『大日本史料』第4・6編の編纂に従事し,鎌倉・南北朝時代の皇室制度史,庄園史,史籍解題に精通した。三浦周行と競いあって中世史学を構築した。まれにみる努力家であった。白鳥庫吉の親戚で,井野辺茂雄とは同期生。<著作>『吾妻鏡の研究』『長講堂領の研究』『長慶天皇御即位の研究』『国史叢説』<参考文献>国史学会『50年の回顧』

(秋元信英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の八代国治の言及

【荘園】より

… これに対し第2の潮流は,荘園を公的な意味を持つ国制の一環としてとらえ,荘園の伝領関係に目を向け,国衙領に注目する見方で,水戸学,国学など江戸時代にその根を持つものから,逆に荘園を制度的な外被とみて,その枠にとらわれぬ庶民の生活を追究する方向まで含んでいる。天皇による国家的土地支配を崩壊させた荘園の〈弊害〉を探るため国衙領にも着目した栗田寛,清水正健,天皇家領の伝領を研究した八代国治は前者に属する。伝領関係とともに荘民の多面的な生活を解明しようとした中村直勝,牧野信之助,荘園を律令制以前の田荘(たどころ)と結びつけ荘園絵図,倉庫,港湾にまで視野をひろげた西岡虎之助は後者に属する。…

※「八代国治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八代国治の関連キーワード恩賜賞受賞者勅使河原氏国史大辞典武蔵七党中条家長大正時代久下直光小野成綱安保氏

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android