コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八千房淡叟 はっせんぼう たんそう

1件 の用語解説(八千房淡叟の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八千房淡叟 はっせんぼう-たんそう

1792-1846 江戸時代後期の俳人。
寛政4年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)の人。大坂にでて3代八千房の石井屋烏(おくう)にまなび,4代となる。弘化(こうか)3年6月15日死去。55歳。姓は津民,小森。別号に一肖(いっしょう),五竹庵,駝岳。編著に「枯野集」「木の下(もと)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

八千房淡叟の関連キーワード石井庄助雲仙岳ブルボン朝ゴヤ(年譜)新門辰五郎ヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone