コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八女手漉き和紙

1件 の用語解説(八女手漉き和紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

八女手漉き和紙

福岡県八女市で生産される和紙。原料はコウゾ。文禄年間に日源上人が製法を伝えたとされる。耐久性に優れ、障子紙や襖紙などに用いられた。最盛期の明治時代には1000軒以上の紙漉き業者が軒を連ねたが、洋紙の普及により減少。県の無形文化財に指定。「八女紙」「八女和紙」とも。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone