コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八女紙 やめがみ

世界大百科事典 第2版の解説

やめがみ【八女紙】

福岡県八女市で漉(す)かれている,強靱(きようじん)な楮紙(こうぞがみ)。その起源については確証はない。古代の北九州は筑紫を中心として製紙が盛んであったので,近代に八女紙として知られる基盤は早くからあったものと思われる。地元の伝承としては,越前五箇出身の日源上人が文禄年間(1592‐96)に廃寺となっていた福王寺(筑後市溝ノ口)を再興するとともに,矢部川の良質な水とコウゾの多いことから紙漉きに適すると判断して,故郷から3人の紙漉き職人を呼んで溝口紙として発展させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

八女紙の関連キーワード八女手漉き和紙福岡県八女市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android