コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡鳥居 ハチマンドリイ

大辞林 第三版の解説

はちまんどりい【八幡鳥居】

鳥居様式の一。水平な笠木と島木の両端を斜めに切り落としたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の八幡鳥居の言及

【鳥居】より

…(2)鹿島鳥居になると,貫の両端が柱の外につきぬけて〈柱外〉の部分を作り,ふつう,くさびが打ちこまれている。(3)八幡鳥居では柱にころびがつき,笠木の下に島木が加わり,額束もできている。(4)明神鳥居は中世以後現れて最も普及した。…

※「八幡鳥居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八幡鳥居の関連キーワード宇佐鳥居両端笠木島木

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八幡鳥居の関連情報