宇佐鳥居(読み)ウサトリイ

大辞林 第三版の解説

うさとりい【宇佐鳥居】

鳥居の形式の一。笠木と島木が両端で強く反り返り、檜皮ひわだの屋根を葺いたもの。額束はなく台輪がある。宇佐神宮の鳥居の様式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うさ‐とりい ‥とりゐ【宇佐鳥居】

〘名〙 鳥居の様式の一つ。垂直で太い丸柱を用い、笠木と鳥木の木口を斜めに切り落としたもの。八幡鳥居。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android