八座(読み)はちざ

精選版 日本国語大辞典「八座」の解説

はち‐ざ【八座】

〘名〙 (定員が八名であったところから) 「さんぎ(参議)②」の別称。
※文徳実録‐斉衡三年(856)四月庚寅「恨八座、而遽然頓逝」
※海道記(1223頃)逆川より鎌倉「羽化を得て天闕に遊にし八座の莚、家門の塵を打払ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の八座の言及

【参議】より

…令外官の一つ。三木とも書き,宰相,相公,八座(はちざ),やくらのつかさともいう。参議の呼称は〈朝政に参議する〉に由来する。…

※「八座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android