八木一艸(読み)やぎ いっそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木一艸 やぎ-いっそう

1894-1973 大正-昭和時代の陶芸家。
明治27年生まれ。八木一夫の父。大正8年楠部弥弌(くすべ-やいち),河村熹太郎(きたろう)らと赤土社を創立し,新陶芸運動を展開。戦前帝展などで活躍するが,戦後は無所属となり,中国宋代の陶磁器を研究。青磁にすぐれた。昭和48年9月2日死去。79歳。大阪出身。本名は栄二。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android