コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木一夫 やぎ かずお

4件 の用語解説(八木一夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木一夫 やぎ-かずお

1918-1979 昭和時代の陶芸家。
大正7年7月4日生まれ。八木一艸(いっそう)の長男。沼田一雅(かずまさ)に師事。昭和22年「青年作陶家集団」,翌年前衛陶芸団体「走泥社」を結成。オブジェ作品「ザムザ氏の散歩」を発表し,現代陶芸に新分野を確立した。46年京都市立芸大教授。昭和54年2月28日死去。60歳。京都出身。京都市立美術工芸学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

八木一夫【やぎかずお】

陶芸家。京都市生れ。父は陶芸家八木一艸(栄二)。京都市立美術学校卒業後,商工省陶磁器試験所伝習生となる。1946年青年作陶家集団設立に参加するが1948年に脱退し,走泥社を結成して前衛陶芸界の指導的役割を担った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やぎかずお【八木一夫】

1918‐79(大正7‐昭和54)
陶芸家。京都市東山区馬町に陶芸家八木一艸(栄二)の長男として生まれる。1937年京都市立美術学校を卒業,商工省陶磁器試験所伝習生となった。この間,沼田一雅の日本陶彫協会に入会し,39年の同会第1回展に出品している。46年9月の青年作陶家集団創立に加わり,48年5月の京展工芸部に《金環》を出品,京都市長賞を受けたが,同年7月青年作陶家集団が会員間の見解の相違から解散し,鈴木治,山田光,松井美介,叶哲夫とともに走泥社を結成,用途や機能をまったく顧慮しない,純然たる立体造形をめざし,前衛陶芸,オブジェ陶芸と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やぎかずお【八木一夫】

1918~1979) 陶芸家。京都生まれ。非実用的なオブジェとしての陶芸を創始し、前衛陶芸の先駆けとなった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八木一夫の関連キーワード荒川武夫加藤渓山(二代)鈴木治宇野宗甕三浦竹軒加藤英一萩陶芸家協会叶敏田村耕一八木一艸

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八木一夫の関連情報