コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木一夫 やぎ かずお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木一夫 やぎ-かずお

1918-1979 昭和時代の陶芸家。
大正7年7月4日生まれ。八木一艸(いっそう)の長男。沼田一雅(かずまさ)に師事。昭和22年「青年作陶家集団」,翌年前衛陶芸団体「走泥社」を結成。オブジェ作品「ザムザ氏の散歩」を発表し,現代陶芸に新分野を確立した。46年京都市立芸大教授。昭和54年2月28日死去。60歳。京都出身。京都市立美術工芸学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

八木一夫【やぎかずお】

陶芸家。京都市生れ。父は陶芸家八木一艸(栄二)。京都市立美術学校卒業後,商工省陶磁器試験所伝習生となる。1946年青年作陶家集団設立に参加するが1948年に脱退し,走泥社を結成して前衛陶芸界の指導的役割を担った。用途や機能を考慮しない純粋な立体造形を試み,海外でも評価を得た。代表作に《ザムザ氏の散歩》(1954年)がある。1971年より京都市立大学陶芸科教授をつとめたほか,札幌オリンピック入賞メダルのデザインを田中一光とともに担当した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やぎかずお【八木一夫】

1918‐79(大正7‐昭和54)
陶芸家。京都市東山区馬町に陶芸家八木一艸(栄二)の長男として生まれる。1937年京都市立美術学校を卒業,商工省陶磁器試験所伝習生となった。この間,沼田一雅の日本陶彫協会に入会し,39年の同会第1回展に出品している。46年9月の青年作陶家集団創立に加わり,48年5月の京展工芸部に《金環》を出品,京都市長賞を受けたが,同年7月青年作陶家集団が会員間の見解の相違から解散し,鈴木治,山田光,松井美介,叶哲夫とともに走泥社を結成,用途や機能をまったく顧慮しない,純然たる立体造形をめざし,前衛陶芸,オブジェ陶芸と呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やぎかずお【八木一夫】

1918~1979) 陶芸家。京都生まれ。非実用的なオブジェとしての陶芸を創始し、前衛陶芸の先駆けとなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八木一夫の関連キーワード札幌オリンピック(1972年)鈴木 治昭和時代八木敏先駆け

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八木一夫の関連情報