無所属(読み)ムショゾク

世界大百科事典 第2版の解説

選挙における立候補の一形態で,政党公認候補とならないこと。日本の国政選挙ではほとんどの候補者が政党の公認候補であり,無所属候補は若干名にすぎない。その内訳は,(1)まったく政党とつながりをもたない候補,(2)党員ではあるが,公認獲得競争でライバルに敗れた結果,無所属になった候補,(3)複数の政党の支持推薦を受けているため,中立的な立場として無所属を名のる候補,(4)政党とは異なる政治団体を支持母体としているため,無所属になった候補,である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 属するところのないこと。いずれにも属さないこと。また、その人やそのもの。
② 特に、政治家でどの政党にも属さないこと。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「自由党員に乎〈略〉無所属人に乎」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無所属の関連情報