コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無所属 ムショゾク

デジタル大辞泉の解説

む‐しょぞく【無所属】

特定の団体や党派に所属していないこと。また、その人。「無所属候補者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むしょぞく【無所属】

選挙における立候補の一形態で,政党公認候補とならないこと。日本の国政選挙ではほとんどの候補者が政党の公認候補であり,無所属候補は若干名にすぎない。その内訳は,(1)まったく政党とつながりをもたない候補,(2)党員ではあるが,公認獲得競争でライバルに敗れた結果,無所属になった候補,(3)複数の政党の支持推薦を受けているため,中立的な立場として無所属を名のる候補,(4)政党とは異なる政治団体を支持母体としているため,無所属になった候補,である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むしょぞく【無所属】

どの会派や政党にも属していないこと。 「 -で立候補する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無所属の関連キーワード衆院選の無所属と政党公認の違い日本鉄鋼産業労働組合連合会ジョン アンダーソン公認候補と無所属候補全日本労働組合連盟日本を元気にする会インディペンデント複数区での自民党参院選道選挙区柴野 和喜夫羽田野 次郎橋本 欣五郎第二院クラブ池田 恒雄二院クラブ粟谷 品三青地秀太郎伊原宇三郎春日 佳一森本 確也

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無所属の関連情報