コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八田尚之 はった なおゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八田尚之 はった-なおゆき

1905-1964 昭和時代の脚本家,劇作家。
明治38年12月2日生まれ。大正末年からシナリオをかき,昭和12年の「若い人」,13年の「泣虫小僧」「冬の宿」など,豊田四郎監督の文芸映画で地位を確立した。17年劇団苦楽座を,29年妻の宝生あやこと劇団手織座を創設し,戯曲をかいた。昭和39年8月25日死去。58歳。北海道出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

八田尚之の関連キーワード虹を抱く処女われらが教官八田 尚之銀座三四郎港は浮気風富士山頂多甚古村若き姿

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android