コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八重畳 ヤエダタミ

デジタル大辞泉の解説

やえ‐だたみ〔やへ‐〕【八重畳】

[名]幾重にも敷物を敷くこと。また、その敷物。
「ここに―を敷きて以てひいて入る」〈神代紀・下〉
[枕]幾重にも重ねる敷物の意で、重なりの意の「へ(重)」と同音を含む地名「平群(へぐり)」にかかる。
「―平群の山に」〈・三八八五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やえだたみ【八重畳】

( 名 )
幾重にも重ねて敷いた敷物。神座として用いる。 「乃ち-をしきて迎へ入る/日本書紀 神代下訓
( 枕詞 )
幾重にも重ねるところから、「へ(重)」と同音の地名「平群へぐり」にかかる。 「 -平群の山に/万葉集 3885

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八重畳の関連キーワード松平康定敷物坂枕平群

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android