コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公澄入道親王 こうちょうにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(公澄入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公澄入道親王 こうちょうにゅうどうしんのう

1776-1828 江戸時代中期-後期,邦頼親王の第2王子。
安永5年10月生まれ。後桃園天皇の養子。寛政元年公延入道親王の付弟となり,同年親王宣下をうけ出家,江戸寛永寺にはいる。3年輪王寺門跡(もんぜき),11年天台座主(ざす)となった。文政11年8月7日死去。53歳。幼称は佳宮(よしのみや)。俗名は弘道。号は歓喜心院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

公澄入道親王の関連キーワード羽倉信美岸貞江木村新七交寛美三鍼樗雲原芸庵(2代)十寸見河東(5代)松平忠済宮原雪堂

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone