コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邦頼親王 くによりしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

邦頼親王 くによりしんのう

1733-1802 江戸時代中期-後期,貞建(さだたけ)親王の第2王子。
享保(きょうほう)18年10月28日生まれ。桜町天皇の猶子親王となったのち出家。東大寺別当,護持僧をつとめる。安永3年還俗(げんぞく)して伏見宮家17代をつぐ。兵部卿に任じられ一品(いっぽん)にすすんだ。享和2年9月8日死去。70歳。初名徳明。幼称は孝宮,尭宮。法名は寛宝。法号は究竟覚院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

邦頼親王 (くによりしんのう)

生年月日:1733年10月28日
江戸時代中期;後期の伏見宮貞建親王の第2王子
1802年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

邦頼親王の関連キーワード伏見宮貞敬親王伏見宮貞建親王寛宝入道親王公澄入道親王生年月日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android