コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公羊高 クヨウコウ

大辞林 第三版の解説

くようこう【公羊高】

春秋時代の斉の学者。孔子の弟子の子夏に学んで「春秋公羊伝」を作ったとされる。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の公羊高の言及

【公羊伝】より

…《春秋》は事実の客観的なしかも簡略な記録にすぎないが,そこに託された孔子の精神,いわゆる微言大義を解明している。書物として整理されたのは,漢代の初めであるけれども,伝承は古く,経学史の通説によると,子夏(しか)の門人の公羊高(くようこう)の作という。論理的な問答体で《春秋》に記録された事実に内在する意味を説き,注目すべき思想が多い。…

※「公羊高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公羊高の関連キーワード春秋時代公羊伝公羊学孔子春秋

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android