コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春秋公羊伝 しゅんじゅうくようでんChun-qiu gong-yang-zhuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春秋公羊伝
しゅんじゅうくようでん
Chun-qiu gong-yang-zhuan

中国,春秋三伝の一つで,経書に数えられている。『公羊伝』ともいう。孔子の高弟子夏の門人公羊高が著わし,その玄孫寿が書物にしたとえられ,孔子は素王 (位のない王) として,統一王者の法を『春秋』に寓しているという立場から,いわゆる微言大義を明らかにするように努めている。前漢には,董仲舒,その他の学者によってこの伝が行われた。後漢には,何休が『春秋公羊伝解詁』を著わし,三科九旨という義例を唱え,『春秋』は漢のために王法を定めていると主張した。その後『公羊伝』は『左氏伝』にその地位を奪われたが,清代末期に今文学 (きんぶんがく) の革命思想の支柱となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅんじゅうくようでん〔シユンジウクヤウデン〕【春秋公羊伝】

春秋」の注釈書。11巻。公羊高の著と伝えられる。春秋三伝の一。儒教的政治や倫理を「春秋」の表現に即して解釈している。公羊伝。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

春秋公羊伝【しゅんじゅうくようでん】

公羊伝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんじゅうくようでん【春秋公羊伝】

「春秋」の注釈書。一一巻。春秋三伝の一。戦国時代、斉の公羊高の作といわれる。公羊伝。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

春秋公羊伝の関連キーワード君子は危きに近寄らず王事を以て家事を辞す来る者は拒まず十三経注疏公羊学派経典釈文撥乱反正王かい運戦国時代司馬遷公羊学王闓運春秋学十三経九経三伝小経麒麟公主

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android