春秋公羊伝(読み)しゅんじゅうくようでん(英語表記)Chun-qiu gong-yang-zhuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春秋公羊伝
しゅんじゅうくようでん
Chun-qiu gong-yang-zhuan

中国,春秋三伝の一つで,経書に数えられている。『公羊伝』ともいう。孔子の高弟子夏の門人公羊高が著わし,その玄孫寿が書物にしたとえられ,孔子は素王 (位のない王) として,統一王者の法を『春秋』に寓しているという立場から,いわゆる微言大義を明らかにするように努めている。前漢には,董仲舒,その他の学者によってこの伝が行われた。後漢には,何休が『春秋公羊伝解詁』を著わし,三科九旨という義例を唱え,『春秋』は漢のために王法を定めていると主張した。その後『公羊伝』は『左氏伝』にその地位を奪われたが,清代末期に今文学 (きんぶんがく) の革命思想の支柱となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんじゅうくようでん【春秋公羊伝】

「春秋」の注釈書。一一巻。春秋三伝の一。戦国時代、斉の公羊高の作といわれる。公羊伝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android