コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子夏 しかZi-xia

5件 の用語解説(子夏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子夏
しか
Zi-xia

[生]前507
[没]前420?
中国,戦国時代の学者。姓は卜。名は商。子夏は字。衛 (河南) の人。孔子の高弟,いわゆる四科十哲の一人。孔子の礼儀面を伝え,魏の文侯の尊敬を受け,孔子の教えを中原に広めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しか【子夏】

[前507~?]中国、春秋時代の学者。孔門十哲の一人。の人。一説に、の人。姓は卜(ぼく)、名は商。礼の形式を重視、また古書に通じていた。「詩経」「春秋」などを後世に伝えたといわれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しか【子夏 Zǐ xià】

前507‐前420ころ
中国,孔子の門人。姓名は卜商(ぼくしよう),子夏は字である。文学に通じて,孔門十哲の一人にかぞえられる。孔子の死後は,西河(河北省)で弟子に教え,魏の文侯に仕えて学問的影響を与えた。その《詩経》に関する研究は荀子に受け継がれ,《春秋》の学は公羊高(くようこう)・穀梁赤(こくりようせき)に伝えられて《公羊伝》《穀梁伝》となったという。《儀礼(ぎらい)》の〈喪服伝〉は子夏の作とされ,《礼記(らいき)》の〈楽記篇〉には子夏と魏の文侯との問答の形で,音楽の政治的効用が説かれているが,いずれも彼の学派あるいは後学の徒のものであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しか【子夏】

孔門十哲の一人。姓は卜ぼく、名は商、子夏は字あざな。礼の形式を重んじ、礼の精神を重んずる子游しゆうの学派と対立。文学に長じた。生没年未詳。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子夏
しか
(前507?―前425?)

中国、春秋時代の士人。孔子の弟子。姓は卜(ぼく)、名は商。子夏は字(あざな)。温国(河南省温県。鄭玄(じょうげん)説)の人。また衛(えい)の人、魏(ぎ)の人ともいう。四科十哲の文学にあげられる。その学に関し、『詩序』『易伝』を著したといい、孔子より『春秋』を受け、公羊高(くようこう)、穀梁赤(こくりょうせき)はともに子夏の門人といい、礼については『礼志』を著し、『儀礼喪服』はその著とするなどの諸伝誦(でんしょう)があり、要するに孔門における文献の伝承と、その解釈に功があったことを示す。孔子の死後、西河(河南省安陽)にあって教団を構え、また魏の文侯の師となり、国政を諮問されたという。[宇野茂彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の子夏の言及

【四科十哲】より

…政事には冉有,季路。文学(学問)には子游,子夏〉と見える。徳行,言語,政事,文学の四つのカテゴリーは孔門の四科と呼ばれ,後世,人間の才能の表現のうち,最も重要なものとされる。…

※「子夏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

子夏の関連キーワード子夏武帝(宋)杉山真理書留震災避難者関東・東北豪雨クロビス一世子夏福岡玉台新詠

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子夏の関連情報