コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公英 こうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公英 こうえい

1696-1756 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)9年11月生まれ。天台宗享保(きょうほう)7年江戸寛永寺執当から浅草寺(せんそうじ)副住職となる。中興6世公然(こうねん)をたすけ,観音秘法を修する温座陀羅尼(おんざだらに)の法会(ほうえ)を再興するなど同寺の興隆につくし,15年7世をつぐ。宝暦6年7月27日死去。61歳。京都出身。俗姓は源(みなもと)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

公英の関連キーワードダンデライオン山田 蒲公英広葉蒲公英タンポポ五松鶴林柑野夏希清水 信蒲公英恩田陸催乳剤

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公英の関連情報