コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竺庵浄印 じくあん じょういん

1件 の用語解説(竺庵浄印の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竺庵浄印 じくあん-じょういん

1696-1756 清(しん)(中国)の僧。
康煕(こうき)35年生まれ。黄檗(おうばく)宗。享保(きょうほう)8年(1723)長崎興福寺の杲堂元昶(こうどう-げんちょう)の招きで来日し,同寺の住職となり,元昶の法をつぐ。19年山城(京都府)万福寺13世となる。元文4年幕命により伏見海宝寺に退隠。梅隠と号して水墨画をえがいた。宝暦6年7月6日死去。61歳。湖州(浙江(せっこう)省)出身。俗姓は陳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竺庵浄印の関連キーワード土佐光成御当家令条プリンストン竹田出雲(2代)ブラック神呪寺戸田旭山名古屋玄医荻原重秀キッド

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竺庵浄印の関連情報