コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六呂師高原(読み)ろくろしこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六呂師高原
ろくろしこうげん

福井県東部,大野市の北部にある高原。標高 500~800m。経ヶ岳から西へ流出した火山泥流が高尾山に阻まれて堆積して形成された。スキー場として県下最初に開発され,奥越青少年の森,奥越高原牧場が設けられた。奥越高原県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六呂師高原の関連情報