高尾山(読み)たかおさん

  • たかおさん たかを‥
  • たかおさん〔たかを〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京都西部八王子市の南西部にある標高 599m。山頂薬王院がある。から信仰の対象で,成田川崎とともに関東三大不動尊の1つ。京王電鉄山麓まで達し,頂上までケーブルカーがあって行楽地として有名。 1967年,高尾山を中心とする一帯明治の森高尾国定公園指定,また高尾陣場都立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

東京都八王子市,関東山地南東端にある山。標高599m。中生代小仏層の粘板岩,硬砂岩からなる。山頂に薬王院があり,中世には上杉氏らの信仰を集めたという。新勝寺平間寺とともに関東三山とよばれる。見晴台があり,山腹にケーブルカーが通じる。高尾自然科学博物館もあり,東京近郊の行楽地で,明治の森高尾国定公園の中心。
→関連項目小仏峠

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

東京都八王子市南西部,関東山地東縁に位置する山。標高600m。中生代の小仏(こぼとけ)層の粘板岩,砂岩などからなる。山頂は展望にすぐれ,野鳥や昆虫が多く,タカオワニグチソウ,タカオメダカカマキリなど,この山特有の動植物もあり,東京近郊としては自然に恵まれた山で登山者が多い。小仏峠から景信(かげのぶ)山陣馬山へは裏高尾縦走路が通じ,ハイキングコースとして人気がある。1967年に明治百年を記念して〈明治の森高尾国定公園〉に指定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都八王子市の南西端、関東山地南東端に位置する標高599メートルの山。1950年(昭和25)都立高尾陣馬(じんば)自然公園、さらに1967年明治の森高尾国定公園に指定。東海自然歩道の起点でもある。全山鬱蒼(うっそう)とした木立(こだち)に覆われ、野鳥など動物の種類も多く、大都市に近接しながら深山幽谷を訪ねた思いがする。また、山頂の真言宗智山(ちさん)派大本山薬王院有喜寺(やくおういんゆうきじ)の人工美も、展望台、遊園地などの諸施設とともに、参詣(さんけい)・観光に訪れる人を多くしている。1967年京王帝都電鉄(現、京王電鉄)が新宿―高尾山口間に直通運転を開始したため、登山のケーブルカーとともに交通を至便にし、大都市近郊のレクリエーションの場とした。また、小仏(こぼとけ)峠や陣馬山、相模湖(さがみこ)方面へのハイキングコースとしてもにぎわうようになった。山麓(さんろく)には土産(みやげ)物店などがたくさん並んで門前町の景観をもなしている。自然公園法に基づく特別保護地区として自然美に恵まれた山と渓谷が、都心から容易に日帰りできる範囲にある例は、外国にもないといってよい。

[菊池万雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 東京都八王子市南西部の山。秩父山地の東南端にある。山頂に真言宗智山派の薬王院有喜寺があり、関東三霊場の一つとして参拝客が多い。昭和四二年(一九六七)一帯は明治の森高尾国定公園に指定された。標高五九九メートル。
[二] 東京都八王子市にある真言宗智山派の寺、薬王院有喜寺の山号。また、その通称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android