六甲山地(読み)ろっこうさんち

  • ろっこうさんち ロクカフ‥
  • ろっこうさんち〔ロクカフ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵庫県南東部,西は神戸垂水区塩屋の海岸から東は武庫川にいたる山地東西約 30km,南北約 8kmに及び,最高峰は標高 931mの東六甲山。一般には六甲山と称する。第四紀更新世瀬戸内海が誕生したとき逆断層隆起してできた山で,山体は大部分花崗岩山頂の平坦面は準平原の名残りとみられる。北および西斜面は緩傾斜で,南と東は急斜面で階段状に大阪湾に向かって落ち込み,傾動地塊を形成。阪神地方の都市化とともに観光休養地化が進み,ゴルフ場,人工スキー・スケート場,観光牧場,各種植物園,遊園地などが多く,山地の大半が瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

兵庫県南東部、神戸市市街地の背後に東西に広がる山地。西の須磨塩屋海岸から東の武庫(むこ)川西岸の宝塚にかけて東西30キロメートル、南北8キロメートルにわたる。最高峰は六甲山で、ほかに摩耶山・再度(ふたたび)山(標高470メートル)などの山々がある。南北両斜面に数本の断層があり、神戸丸山衝上(しょうじょう)断層は国の天然記念物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神戸市街の背後にある山地。西端は明石(あかし)市塩屋海岸で、鉢伏(はちぶせ)山(246メートル)、鉄拐(てっかい)山(234メートル)、高倉山(212メートル)、高取山(328メートル)、再度(ふたたび)山(470メートル)、摩耶(まや)山(702メートル)、主峰の東六甲山(931メートル)と東へ行くにしたがって高度を増し、東端は武庫(むこ)川に至る。東西30キロメートル、南北8キロメートルで、両端が狭く、レンズ状をなす山地である。南北両斜面には顕著な数本の断層があり、神戸丸山衝上(しょうじょう)断層は国の天然記念物に指定されている。主として花崗(かこう)岩からなり、黒雲母(くろうんも)の散在する本御影(ほんみかげ)は石材に利用される。山頂には前輪廻(ぜんりんね)性の侵食面である平坦(へいたん)面が残り、明治になってイギリス人グルームによる別荘地開発を契機に内外人の別荘地となり、またわが国最古の六甲ゴルフ場ができた。ケーブルカー、ロープウェー、ドライブウェーなどが整備されると、公園、山上遊園、人工スキー場、ホテルなどの観光開発が進んだ。山地のほぼ全域が瀬戸内海国立公園に含まれる。山地に発する河川は先行河川で六甲変動の新しさを示すが、風化しやすい軟弱な花崗岩だけに南麓(なんろく)に複合扇状地を形成、そこが神戸市街地となった。河川は天井川をなすものが多く、1936年(昭和11)の大山津波など幾多の災害発生の原因となった。第二次世界大戦後はその性質を利用して鶴甲(つるかぶと)山や高尾山などを切り崩し、その土砂を海湾埋立てに利用、採取跡は宅地化されている。

[二木敏篤]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(神功皇后が朝鮮からの帰途六つの甲(かぶと)を埋めたという伝説からとも、大阪から見て、むこうにそびえる山、の意から起こったとも伝える) 兵庫県神戸市・芦屋市の市街地の背後にある山地。東西約三〇キロメートル、南北約一〇キロメートルの規模。東六甲山(九三一メートル)を最高峰とし、鉄拐(てっかい)山、摩耶(まや)山などの山々がある。六甲。六甲山。武庫山。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の六甲山地の言及

【六甲山】より

…兵庫県神戸市東部,市街地の背後にそびえる花コウ岩からなる山。六甲山地の最高峰で,標高931m(東六甲山)。山頂の西約5km,西六甲山(803m)一帯は平たんな隆起準平原の特色を示し,明治半ば以降外国人の,大正に入ってからは日本人の別荘地として開発された。…

※「六甲山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六甲山地の関連情報